プログラミング基礎講座(その2)

演算処理について

 演算処理の記述は

   A+B=C
   
 のように最終的に求める値は右辺になるように書きますがプログラム中では
 
   C=A+B
   
 のように左辺側が求める値になります。
 

1.数値に対しての四則演算、割り算に関して商、余りを求める演算
 
  プログラム中で使用する演算記号はほとんどのプログラム言語で以下のようになっています。
  加算 +
  減算 ー
  乗算 *
  除算 /
  余り %
  べき乗 ^
  

 
2.バイナリデータに対しての論理演算

 演算記号はC言語の系統の場合
 AND  &
   A=B & C
     B=0000 0000 0011 0101B
     C=1111 0101 1110 1100B
     -------------------------------------------
     A=0000 0000 0010 0100B
    
 
 OR   |
   A=B | C
   
     B=0000 0000 0011 0101B
     C=1111 0101 1110 1100B
     -------------------------------------------
     A=1111 0101 1111 1101B

 NOT  !
   A=!B
     B=0000 0000 0011 0101B
     -------------------------------------------
     A=1111 1111 1100 1010B
 
 XOR  ^
   A=B^C
     B=0000 0000 0011 0101B
     C=1111 0101 1110 1100B
     -------------------------------------------
     A=1111 0101 1101 1001B
   
   
 論理演算の順序は ()があれば()内が優先、次にNOT、AND、(OR、XOR)の順になります。
 OR、XORは現れた順で処理します。
 
 例えば 
   A=B | C&!D & (E|F)
   
   上の式の場合 ①=(E|F)が最初で 次が!D(Dの反転) 、次が②=C &(Dの反転)、次が③=① & ②で最後にB | ③の処理がされます。
   
   ※処理の順番を分かりやすくするために()で括った方が良いかもしれません。
  
3.条件式で使用する関係演算子
 
 論理値 真の記述は 1、TRUE、true
     偽の記述は 0.FALSE、false

 大小比較、等値比較、AND、OR、NOTなどIF文やWHILE文などで使用する演算子は次のとおりです。
  
    A >= B       AがB以上なら真
    A <= B       AがB以下なら真
    A >  B       AがBより大なら真
    A <  B       AがBより小なら真
    A == B       AがBと等しいなら真
    A != B       AがBと等しくないなら真
    A && B       AとBがともに真のとき真
    A || B       AとBがともに偽でないなら真
    !A           Aが偽のとき真    

4.その他の演算子

  各プログラム言語特有の演算子が用意されている場合があるので、それぞれの文法書をご確認ください。
  
  

2021年06月27日